二次創作小説やBL小説が読める!投稿できる!二次小説投稿コミュニティ!

オリジナル小説 http://novelist.jp/ | 官能小説 http://r18.novelist.jp/
二次創作小説投稿サイト「2.novelist.jp」

game

INDEX|1ページ/5ページ|

次のページ
 

 「・・・っん、・・・」


 甘えるような吐息に、耳の後ろから毛が逆立つ。
 ・・・やばい。
 これ以上踏み込んだら危険だと本能がサイレンをけたたましく鳴らしている。
 今までの努力が水の泡。
 禁忌を犯したような罪悪感より高揚感の方が上まってる事が問題だ。
 頭の中は努めて冷静なのに、体は正直なもので一度始めた行為を止められない。



 もっと、もっと、もっと・・・






 太陽も真上を過ぎたころ。
 「なんで男の依頼を受けないのよ!」
 いつもの押し問答が冴羽商事のリビングにこだまする。
 「だ~ってぇ、詰まんないジャンか。」
 裸のオネーサンがいっぱいの雑誌に、だらしのない顔をさらに崩しながらめんどくさそうにのたまう。

 その態度に香がキレる。
 「つまる、つまらないのもんだいじゃな~い!!」
 いい加減この言い合いに飽きてきている香はふと思いついて口に出してみた。
 「あんた、実はモテないもんだから、女性の依頼人にかこつけて口説く手間はぶいてんじゃないの?」
 うん、うん、と大げさにうなずきながら香が勝ち誇ったようにニヤニヤ笑って獠が寝そべってるソファに近づく。
 言い返してこないのをいいことにさらに言葉を綴る。
 「そういえば、獠がナンパに成功してるトコなんて見たことないモンねぇ~。」



 別に腹を立てたとかそんなんじゃない。
 それこそいつものように言い返せば香も気が済んで、俺はころあいを見計らって町へ出かければ済んだことだった。
 俺たちのコミュニケーションのひとつ。香のストレスのはけ口。
 だからこそお得意のハンマーだって甘んじて受けているんだし。
 そりゃたまにマジでよけられないこともあるが・・。
 じゃぁ何故?自問自答するが俺にもわからん。
 その無防備な笑顔が・・・苦痛にゆがむところを見てみたいからとか、恍惚な表情の時にはどうなるとか。
 想像したことがないわけじゃないし。
 涙ぐましい努力のせいで香がどんなカッコしてても、もっこりしなくなった。
 好きな子をいじめたくなるガキみたいな感情でちょっと驚かせてみようと思ったのかもしれない。
 ほかの男の前でそんな表情したら危険だってわからせるために。


 「・・・じゃぁ、試してみるか?」
 いきなり真剣な声色に香も一瞬たじろぐ。思っていた反応と違っていたのだろう。
 「お前をその気にさせてみようか?」
 言葉の意味を把握できていない香はただでさえ大きな瞳をいっそう大きくして固まっている。
 その様子に軽く口の端を歪め、顔を覗き込むように言葉を続ける。
 「お前は唯一俺が”もっこり”しない女だ!そのお前をその気にさせれば俺がどんなにナンパがうまいか証明できるだろ?」
 こういう言い方をすれば香が乗ってこないはずがないってのを承知で言う。
 女の自尊心を煽る。


 こんな言い方しか出来なくて悪いな。最悪[悪ふざけ]で済まされるから。
 ともすればおいしいこともあるかもしれないし・・・。
 「ふんっ!やれるもんなら、やってみなさいよ。もっこりしない私にどこまで出来るか見ものだわ!!」
 まったく、単純だよお前は。



 「じゃぁさっそく。香、手だして?」
 「へ?何すんの」
 素直に右手を差し出す。
 「ふ~ん。お前運命の相手に出会って幸せな人生を送るよ。」
 「え?ホント、獠って手相見れるの?」
 ったく、女ってのはこういう言葉によわいねぇ。


 「雑学に長けてないとナンパに成功しないだろ?まぁ、俺は顔がいいからあんま必要ないんだけどな。」
 大げさにため息をつく香。
 「思い込みもそこまで激しいといっそすがすがしいわね。・・・ったくもういいでしょ、手ぇ離して。」
 「おまえの手って柔らかくてすべすべしてて気持ちいいのな。知らなかった。」
 いいながら、つかんだ掌をゆっくりと親指でなでるとくすぐったさのためか身を捩ってその悪戯な指から逃れようとするがままならない。


 「・・・っ早く離してよ!」
 「嫌だ。」
 離すどころかつかんでいた手に力を入れて引き寄せる。
 バランスを崩した体はたやすく俺の方へ堕ちてきた。
 ソファーに座ったまま後ろから抱きしめる。やわらかく、でも簡単には振りほどけないように。
 「何すんの!冗談はやめてよね。」
 身動きが取れない代わりに口を動かして必死に抵抗する。
 「黙れよ。」
 こういうのに慣れてない香は耳の後ろから聞こえる声に動揺していた。
 「いい匂い。お前シャンプー変えたの?」
 耳たぶを唇で軽くなぞるようにささやく。
 香は体の内側からくる痺れに必死でたえているようだ。
 「人肌に触れてると安心するな・・・」
 抱きしめる腕の力を少しだけ強くしてしばらく動かずにいた。
 どのくらいそうしていたのか。
 この状況に耐え切れなかったのか、香からこのゲームを降りた。
 「ねぇ、・・・もう降参するから離して欲しいんだけど。」
 香の身体を堪能していた俺は、その声にちょっといじめすぎたかなと反省しつつ、顔を上げると切なげな表情を垣間見てしまった。
 無意識に香の顎に手を掛けこちらに向かせると親指でふっくらした弾力のある唇をゆっくりなぞる。
 「りょ・・う?」
 その唇の動きに突き動かされ気がついたら本気で香にキスをしていた。
 舌を絡めるだけでは飽き足らず上あごをなぞり反応があったところを舌先でくすぐるように。
 鼻からぬけるような甘い吐息をもっと聞きたくて・・・
 でも長年培ってきた自制心で名残惜しげにあふれて漏れた唾液をなぞるようにして漸く快楽から開放してやった。
 酸素を求めて荒くなった呼吸を必死に元に戻そうとしている香の瞳はどうしようもなく男をそそる。
 からかいすぎたかな。案の定とってもご立腹の様子。
 唇をかみ締めて俺を睨む。
 「・・・冗談も大概にしなさいよね。あなたの退屈しのぎに使われるのは御免だわ。」
 強がりだってわかってる。俺相手に駆け引きができるほどお前は器用じゃないし、傷つくのが怖いんだろう。


 『あ、ばれた~?だってかおりちゃんからかいやすいんだも~ん!』そう いって終わらせればいい。
 今日に限ってなんでそれが出来ないんだ。
 またお前を悩ませる材料を増やすだけなのに。


 「本気だって言ったらお前はどうする?」
 腕の中の身体が震える。
 「嫌、聞きたくない。」
 両手で耳を塞ぎ、頭を振り乱す。
 切羽詰った声と共に力いっぱい腕を伸ばして俺の腕の中から離れていく。
 バタン!と、怒りの深さがうかがい知れるような音でリビングのドアが閉じられた。
 間もなく玄関の扉も開閉された。




 ソファに深く身を沈めてため息をひとつ。
 「俺だって傷つくっての・・・。」
 トランキライザーに手を伸ばしジッポを手でもてあそぶ。さっきまでの甘いひと時を思い出しつつ。
 ”聞きたくない”っか。
 「これ以上ないってくらい、本気だよ、俺は。」


作品名:game 作家名:藤重