二次創作小説やBL小説が読める!投稿できる!二次小説投稿コミュニティ!

オリジナル小説 http://novelist.jp/ | 官能小説 http://r18.novelist.jp/
二次創作小説投稿サイト「2.novelist.jp」

Over The Aurora

INDEX|1ページ/152ページ|

次のページ
 

1.海東大樹


 大粒の雨がアスファルトを叩いている。
 公園の鉄柵からも、雫が止めどなく流れ落ちて、ぬかるみに打ち付けられている。
 海東大樹は左手のビニール傘で雨をしのぎながら、すぐ側のコンビニで購入した肉まんを右手だけで器用に紙包みから半分出し、口をつけようとした。
 口をつけようとして、自分に注がれている視線に気づく。
 彼は傘もささず、ベンチで雨に打たれていた。
 歳の頃は大樹と同じか少し下。細身で、背は大分高く、長身の大樹よりも上背はあるかもしれない。意志の強そうな、素直に頷く事を知らなさそうな強い目線がじっと大樹を捕らえていた。ウールのコートと黒いタートルネックのセーターにマフラーを引っ掛け、趣味があまり良くないマゼンタのトイカメラを首から提げている。カメラは水に濡らして大丈夫なのか、どうでもいい心配が頭を掠めた。
「何か用?」
「別に用なんかない」
 落ち着かないので声をかけたが、青年の答えはにべもなかった。
 じゃあ何で、と言いかけて、大樹には大体理解出来た気がした。
 知らない人間をそんなに必死に見つめる用事なんて、そうそう多くはない。
「君、もしかして、お腹空いてるのかい」
「悪いか」
「悪いなんて言ってないよ。僕にはどうでもいい事だもの」
 言うなり大樹は、右手の肉まんにかぶりついた。伺うと、青年の目はぎょろりと見開かれ、一直線に肉まんを見つめていた。
「僕、そういう顔を見るのが好きなんだ。実においしいよ、このあったかい肉まん」
「……お前、最悪に性格が歪んでるな」
「そうでもないよ。自分の気持に素直だもの」
 言って肉まんをもう一口頬張る。青年は、はぁ、という落胆の溜息を漏らして目を伏せた。
「お前の言う通り、お前には何の関わりもない事だ。それ早く食ってとっととどっか行け」
「言われなくてもそうするけど、君もこんな所で濡れ鼠になってないで、早く帰りたまえ。風邪を引くだろう」
「残念だが、何処に帰ればいいのか皆目見当がつかん」
 大樹がやや訝しげに首を捻ると、青年は明後日の方向を見つめたまま、独り言のように呟いた。
「何でこんな所に座ってるのか、自分が一体何処の誰で、今まで何をしていたのかも分からんのに、どうやって帰れっていうんだ」
 記憶喪失。
 大樹も、流れ流れの(自称)トレジャーハンター稼業を始めて大分経つが、こんな漫画のように見事に記憶を失った人間を見るのは初めてだった。
「可哀相だが僕には何ら関係ない。警察にでも行くんだな」
「それもそうだな、俺もそれを考えていた。だが、お前の言う通りに行動するのは癪に障るから、それはやめる事に今決めた」
 その答えを聞いて大樹は呆れて溜息をつき、同時に目の前の青年に強い興味を覚えた。
 普通ならば、本当に何一つ記憶がないのならば、ここまで意地を張れるものではない。不安でたまらなくなり、気弱になって助けを乞うのが当たり前の反応だ。目の前のこの青年は何故こうも、強気のままで、大樹に助けを乞うのが屈する事だとでも言わんばかりなのか?
「君、本当に何一つ覚えている事はないのか」
「名前だけ覚えている。門矢、士だ」
「ふうん、士、ねえ」
 名前を聞くと大樹は口の右端を上げて、何か悪戯でも思いついたような楽しげな笑いを浮かべて、半分残った肉まんを門矢士に差し出した。
「……何のつもりだ」
「行くあてがないのは僕も同じだけど、雨をしのげる場所の紹介くらいは出来るよ。どうする?」
 にやにやとさも面白そうな笑みを浮かべた大樹を睨みつけて、門矢士は立ち上がり、狭いビニール傘に肩を入れて、大樹の右手の肉まんをひったくり奪った。
「お前がどうしてもって言うなら仕方がない、着いていってやる」
「だから、僕はどうでもいいんだけど。僕と一緒にいると、君みたいな普通の人は厄介事を抱える事になるかもしれないしね」
「ほうひうひみら」
 残り半分の肉まんを一口で頬張りながら士が尋ねた。
「意味は、あんまり知らない方がいいよ。僕も話したくない。それでも、不安でどうしようもないので連れて行ってくださいというなら考えなくもない」
「ほざいてろ」
 口で悪態をつきつつ、歩き出した大樹に合わせて士も足を踏み出した。
作品名:Over The Aurora 作家名:パピコ