二次創作小説やBL小説が読める!投稿できる!二次小説投稿コミュニティ!

オリジナル小説 http://novelist.jp/ | 官能小説 http://r18.novelist.jp/
二次創作小説投稿サイト「2.novelist.jp」
しょうきち
しょうきち
novelistID. 58099
新規ユーザー登録
E-MAIL
PASSWORD
次回から自動でログイン

更新日時:2016-12-08 12:53:30
投稿日時:2016-12-07 23:51:10

冬の使者きたりなば

作者: しょうきち

カテゴリー : 二次創作・同人
総ページ数:5ページ [完結]
公開設定:公開  

読者数:1/day 4/month 162/total

ブックマーク数: -
いい作品!評価数:0 users

Yahoo!ブックマークに登録

 

著者の作品紹介

ルヴァリモで、女王候補時代に二人で雪虫を見る話です。
ルヴァ様が結構うだうだと面倒臭く悩んでいらっしゃいますが、全体的にらぶあまですw
作中に出てくるサルトゥス・アダマティカスは造語です~。
色々ねつ造話ですが、良かったら読んでやって下さいましー。

 なんとなく気恥ずかしい空気に耐えきれなくなったアンジェリークが、ぎこちなく扉へと足を向けルヴァに頭を下げた。
「あ、じゃああの、わたしはもうこれで……し、失礼しますっ」
「えっ、あの…………もう、……っ」
 何かを言いかけて口をつぐんだ間に、アンジェリークはそそくさと去っていった。

 閉ざされた扉へ視線を向けたまま、ばくばくと高鳴る胸を押さえてルヴァはその場に立ち尽くす。
(いま……私は、何と言いかけた?)

 もう帰っちゃうんですか。
 思わずそう言いかけて、咄嗟に口を閉ざした。(本文より抜粋)

感想コメント (0)

この作品に対する情報提供