二次創作小説やBL小説が読める!投稿できる!二次小説投稿コミュニティ!

オリジナル小説 http://novelist.jp/ | 官能小説 http://r18.novelist.jp/
二次創作小説投稿サイト「2.novelist.jp」

更新日時:2017-10-31 19:23:52
投稿日時:2017-10-04 04:13:03

赦される日 - Final Episode 2 -

作者: Angie

カテゴリー : 二次創作・同人
総ページ数:16ページ [完結]
公開設定:公開  

読者数:0/day 11/month 36/total

ブックマーク数: -
いい作品!評価数:0 users

Yahoo!ブックマークに登録

 

著者の作品紹介

人智を超えた見えざる手によって、生涯を閉じる準備が少しずつ整えられていく。それは「赦される」ということなのだろう。静かに、心穏やかに、最期の日々が流れる…

おのれの死期を悟ったとき、そこに恐怖や不安ではなく、満足感を見出すことができるなら、それは「悔いのない生涯」とはいかないまでも、悔恨も含めて「納得のいく生涯」であったと言えるでしょう。左遷の憂き目を見たり強制結婚させられたりと、前半生では散々な目に遭わせてしまいましたが、晩年はそのすべてを受け入れて、心静かに自然体で過ごす日々であって欲しい。
いま万感の想いを込めて、サーシャこと白クマ氏を葬ります。時は2006年2月を想定。
推定生年月日(1933年11月2日)から計算して、享年72歳でした。

ミーシャを先に葬ってしまった上、サーシャが「田舎で一人暮らしをする人嫌いのジイさんw」になってしまったので、身近なところで彼の最期を語れる新たなキャラを創らねばならず、長くなってしまいました。ちなみにこのジイさんの風貌としては、映画『フィールド・オブ・ドリームス』の Dr.アーチー・グレアムをイメージしていただけると嬉しいです。
また処女作「マトリョーシカ」を最後までひきずります。この作品だけだと意味不明な部分もあるかと思いますが、合わせてお読みいただければ幸いです。

これも最後に、レクイエム代わりの推奨エンディング曲名を入れましたが、今回は思い入れハンパないので、演奏家まで指定させていただきます(youtubeのURLつき)。淡々とした中に情感のこもる良い演奏なので、よろしかったら聴いてみてください。

感想コメント (0)

この作品に対する情報提供