二次創作小説やBL小説が読める!投稿できる!二次小説投稿コミュニティ!

オリジナル小説 http://novelist.jp/ | 官能小説 http://r18.novelist.jp/
二次創作小説投稿サイト「2.novelist.jp」

フローレとリボン

INDEX|1ページ/1ページ|

 
フローレは光学園からやって来た生徒会長を務める天使の女の子だ。
クールで男勝りで自分のことを僕と呼ぶ。
真面目でしっかり者の生徒会長だ。
ある日フローレはプププビレッジにやって来た。
そこではリボンがお花に水をあげていた。
フローレはリボンを手伝うことにした。
フローレはリボンにカービィの話を聞いた。
カービィはリボンの友達でいつでもリボンと遊んでくれるのだ。
リボンはフローレを聖夜学園に連れて行った。
聖夜学園に着くとリボンはフローレに亜夢たちガーディアンの話をした。
唯世はキングスチェア、りまはクィーンズチェア、なぎひこはジャックスチェア、ややはエースチェア、亜夢はジョーカーだ。
聖夜学園の理事長はフローレとリボンに生徒会のお守りのペンダントをあげた。
フローレとリボンはお守りをもらった。
それを見たデデデ大王は生徒会のお守りを奪おうとナイトメア社から魔獣、ゾンビドラゴンをダウンロードした。
ゾンビドラゴンはリボンに襲い掛かってきた。
フローレはリボンを守ろうと必死だ。
助けに駆け付けたのはカービィとフーム、そしてメタナイト卿だ。
フームにメタナイトから預かったハートのルビーをカービィに投げた。
カービィはルビーを吸い込み、エンジェルカービィに変身してゾンビドラゴンと戦った。
カービィはハートエンジェルアローでゾンビドラゴンを倒した。
カービィは新しい友達のフローレに会えて嬉しかった。
リボンはカービィとフローレにお礼を言った。
フローレは生徒会のお守りが役に立ってうれしい気持ちだった。
作品名:フローレとリボン 作家名:山口貴成