二次創作小説やBL小説が読める!投稿できる!二次小説投稿コミュニティ!

オリジナル小説 http://novelist.jp/ | 官能小説 http://r18.novelist.jp/
二次創作小説投稿サイト「2.novelist.jp」

くろまめっちはライバル

INDEX|1ページ/1ページ|

 
くろまめっちはまめっちの友達だが、まめっちのライバルのような存在でもある。
くろまめっちはクールで落ち着きのある一匹狼だ。
ある日くろまめっちはまめっちとちゃまめっち、めめっちとくちぱっちに出会った。
ちゃまめっちはクールな瞳のくろまめっちに見とれたので、めめっちとくちぱっちはまめっちのライバルだと思い込んだ。
そこへたまPっちたちがやってきて自分たちの思い付きでくろまめっちVSまめっちの1対1のたまサーキットを再開することになったのだ。
こうしてくろまめっち対まめっちのサーキット対決が始まった。
ラブりっちはレースクィーンになってサーキットを盛り上げた。
レースの合図があると、くろまめっちとまめっちの競争が始まった。
くろまめっちはリードして走るが、まめっちはくろまめっちを追い越して走った。
最初のコースは坂道、次がトンネル、次はつり橋、次が森の中、次が水たまり、次がビーチの砂浜、最後のラストスパートをくろまめっちとまめっちは同時にトップでゴールだ。
くろまめっちとまめっちは引き分けだ。
ちゃまめっちはくろまめっちもすごいけど、やっぱりまめっちが一番だと思った。
くろまめっちは自分の負けだと認め、まめっちは笑顔になった。