二次創作小説やBL小説が読める!投稿できる!二次小説投稿コミュニティ!

オリジナル小説 http://novelist.jp/ | 官能小説 http://r18.novelist.jp/
二次創作小説投稿サイト「2.novelist.jp」

ロフティのパニック

INDEX|1ページ/1ページ|

 
ウェンディとセメントミキサーのディジーとクレーン車のロフティは新しいテニスコートを作ろうと、ディジーはミキサーでラインを引いてロフティはテニスの網を持ち上げた。
そこへかかしのスパッドとトラクターのトラビスがやってきた。
スパッドはテニスが得意になろうと調子に乗って、まだ乾いてないラインを踏んでラケットでボールを打ってボールはウィンディとデイジーとロフティに当たりそうになった。
ボールは木に当たった。
スパッドはウィンディに叱られた。
その時トラブルが起きた。
木の上にあった鳥の巣が落ちて、巣を落とされた鳥たちが怒って、スパッドに襲い掛かってきた。
逃げるスパッドを追いかける鳥たちにロフティが触れるとロフティは怖くて猛スピードで鳥たちから逃げて行った。
ロフティは鳥から逃げようとしすぎて猛スピードでスターライトの蘭にぶつかりかけた。
その次に忍術学園の伊助にぶつかりかけた。
ロフティは鳥たちから逃げすぎて、そばにあったお寿司屋さんに突っ込んでしまった。
ロフティは酢飯と醤油のたれとわさびにまみれ、お寿司もたくさんダメになってしまった。
織姫学園長はかんかんだ。
怖いからってスピードが速すぎると手におえないトラブルが起こりやすい、あなたのせいで混乱と遅れが生じたと叱った。
ロフティはソドー整備工場に運ばれた。
スパッドはロフティに謝るとロフティは笑顔になり、ボブに新しい巣箱を作ってもらった鳥たちも笑顔になった。
作品名:ロフティのパニック 作家名:山口貴成