二次創作小説やBL小説が読める!投稿できる!二次小説投稿コミュニティ!

オリジナル小説 https://novelist.jp/ | 官能小説 https://r18.novelist.jp/
二次創作小説投稿サイト「2.novelist.jp」
古槍ノ標
古槍ノ標
novelistID. 62117
新規ユーザー登録
E-MAIL
PASSWORD
次回から自動でログイン

更新日時:2019-01-23 23:16:44
投稿日時:2019-01-16 16:43:29

譚恒譚

登録タグ: モブ  琅琊榜弍  風起長林 

作者: 古槍ノ標

カテゴリー : 二次創作・同人
総ページ数:3ページ [完結]
公開設定:公開  

読者数:0/day 9/month 530/total

ブックマーク数: -
いい作品!評価数:0 users

Twitter Facebook LINE
 

著者の作品紹介

需要は皆無だが、やってしまった、、。
(; ̄◇||| ハハハ
好きです、譚恒!。
テキトー妄想です、、。
将軍大好譚恒の、こちら、うろ覚えの、ホントにテキトー妄想です。
失礼いたしますた( ̄▽ ̄;)。


『風起長林』ありがとうございました。
録画されたディスク、借り物だったので、現物はお次の方が可愛がっております。
M様、長々とお貸し下さり、ありがとうございました。
BSは来ないのではなかろうかと、、1人で少し感傷的でございます。
ホントに見たいのは中々降りてこない、、。
た○○○き、なんて、さっさと放送しちゃったのに、、、いいなぁ、、、、。
琅琊榜弐も、、、是非ぜひとも、、、、。


琅琊榜弐は、梅嶺七まで書いてから、一気見をしました。いや素晴らしい!!!。
(でも梅嶺六はまだ出来ていません、書いてもいません。だいたい頭にある状態です。)
譚恒が銀川の外套の紐を結ぶシーンを見て、「あっ!!!」と思ってしまいました、、。梅嶺七にも似たようなシーンが、、、、。
でもでも、琅琊榜弐を見て、七を書いた訳では無いので、、、、私的には、梅嶺七の方が先です、、、。
たまたまなのでございますです、、。


風起長林、軍隊迷にはヨダレもの(´¬`)ダラダラ〜。
通して見た感想です。
風起長林は琅琊榜の50年後のお話だそうでございますが、、、
梅長蘇が主人公の、琅琊榜の元々の根底が、実は風起長林なのではないかと、思うわけですよ。
気骨は幾年歳月が流れようと、変わることなく、伝えられているのではないかと、、、。
色々と志へし折られるドラマが多い中、この気骨を、美しく最後まで通して下さり、感謝感謝です。
映像も美しかった。
血は生々しかった〜〜。

これ、シブさんに上げてみたら、、、、どうなる??。差し障る?。ふふふ、、やっちゃおうか、、。

、、、、、やめよ、、(←ヘタレ)

感想コメント (0)

この作品に対する情報提供