二次創作小説やBL小説が読める!投稿できる!二次小説投稿コミュニティ!

オリジナル小説 https://novelist.jp/ | 官能小説 https://r18.novelist.jp/
二次創作小説投稿サイト「2.novelist.jp」
MultipleWoun
MultipleWoun
novelistID. 68951
新規ユーザー登録
E-MAIL
PASSWORD
次回から自動でログイン

更新日時:2021-04-04 14:06:39
投稿日時:2021-04-04 13:34:07

揚げパン屋に出かけた。

登録タグ: 

作者: MultipleWoun

カテゴリー : 二次創作・同人
総ページ数:1ページ [完結]
公開設定:公開  

読者数:0/day 6/month 6/total

ブックマーク数: -
いい作品!評価数:0 users

Twitter Facebook LINE
 

著者の作品紹介

44
アリタツと、アリヒコがいる事にする。アリタツは、揚げパンを食べていた。アリヒコは言った。「揚げパンは駄目です。ハンバーガーにして下さい。代用品として。」アリタツは答えた。「いや、私は揚げパンが食べたい。」アリヒコは言った。「いえ、揚げパンは今後出しません。ハンバーガーにします。」アリタツは言った。「出かけてくる。」アリヒコは言った。「どちらにですか。」アリタツは言った。「揚げパン食べてくる。」アリヒコは言った。「意味無いじゃん。」アリタツは言った。「大丈夫、友達と食べてくるから。」アリヒコは言った。「では私も行きます。」アリタツは答えた。「不要不急の、大勢での飲食を控える。私は、アリオシと、最小限人数での飲食をする予定。3人になってはいけない。」アリヒコは答えた。「では、ハンバーガーをお持ちください。ちょっとお待ちください。」彼はハンバーガーを作って、ラップにくるんで、二つ、アリタツに渡した。アリタツは受け取って、カバンにしまった。さて、アリタツは出かけた。まあ実際にはでかけてないが、多分前川の作った幻想世界の住人なんだろう。アリタツは。さて、アリタツは、アリオシを呼び出した。2人は落ち合ってから、揚げパン屋に出かけた。

感想コメント (0)

この作品に対する情報提供