二次創作小説やBL小説が読める!投稿できる!二次小説投稿コミュニティ!

オリジナル小説 http://novelist.jp/ | 官能小説 http://r18.novelist.jp/
二次創作小説投稿サイト「2.novelist.jp」

雪割草

INDEX|22ページ/206ページ|

次のページ前のページ
 

〈10〉西へ



 光圀は正体を隠した早苗と助三郎の様子が気になっていた。
水戸から出て数日、然したる事はなかったが一応様子を伺うことにした。

「助三郎、格之進とは上手く行っておるかな?」

「はい。私と違って真面目一本ですが、いいやつです。それに何故か知り合ったばかりな気がしません」

「…と言うと?」

 もしや何かに感づいたかと不安に駆られたが、心配はいらなかった。

「気構えが全く要りません。安心して話せます。やっぱり同い年だからでしょうかね?」

 同じ職場に同年代が居ない彼にとって、『格之進』の出現は嬉しかった様だ。
生き生きとしている彼に、光圀は念のため探りを入れた。

「…気になることはないかな?」

「は? 特には…。まぁ、強いて言うなら色恋話を極端に嫌がるようですが…」

 スケベな話を好き好んで話す女などいない。
あたりまえのことだった。

「…しかたあるまいな」

「あの、何か特別な理由でも?」

 全く理由を知らない助三郎。
光圀に興味ありげに聞いた。

「いや、慣れてないだけじゃ、おなごにな」

「そうですか…」

 助三郎は何かを考え、それを光圀に提案した。

「どうです? 格さんのためにも一度綺麗所でも呼んでパーっと!」

「それはいい考えじゃ。芸妓をたくさん呼んでな…」

 好色な話になりかけたが、光圀は我に返った。

「おっと、いかん。格さんをあまりからかってはいかんぞ。真面目な『男』じゃからな」

 女とは口が裂けても言えない。
部下となった早苗との約束を守るためだった。

「心配ご無用です」

 助三郎は真面目に返事した。
彼は格之進が男だと信じ切っていた。





 一行は紀州への旅路についた。
武士の格好をやめ、町人の旅姿。
 それは由紀も同じだった。
彼女は御殿女中ではなく、若い町娘になっていた。
 眼の保養になる彼女の姿に光圀は顔を綻ばせた。

「由紀。長旅になるが、しっかり着いて来なさい」

「はい」

 助三郎はそっと由紀に近づき、尋ねた。

「…あの、由紀殿。お呼びするとき、『由紀さん』でいいですか?」

「はい、『助さん』」

 
 少し行くと、助三郎は光圀と何やら相談し始めた。
早苗は許嫁の眼を盗み、由紀に寄って行った。

「…俺も『由紀さん』だからな」

 『由紀』と呼び捨てにはできない。
他人行儀で居心地が悪かったが、それは仕方のないこと。
 由紀もそれをわかっていた。

「…聞かれないところは由紀って呼んでね。早苗」

「…あぁ」

 コソコソ話は傍から見ると男女の密会。
それ故、二人はすぐに離れた。
 少し距離を保ちながら歩き、会話を楽しんだ。

「…助さんからの文は読んだ?」

「…読んだ」

 由紀は興味津津で早苗に窺った。

「…ねぇ、恋文だった?」

「…違った」

 早苗もその事実にガッカリしていた。
甘さも、幻想も感じられない文面に、彼女は悲しささえ感じていた。

「…なんだ、つまらないわね」

 由紀は興味を失うと、お銀の傍へ去っていった。

「俺だってつまらないよ…」



「今日は戸塚まで歩くぞ」

 いつしか早苗の隣出歩いていた助三郎がそう告げた。
どうやら助三郎と道のりについて相談していたようだ。
 その晩は、予定通り戸塚に着くと宿をとった。
助三郎が光圀と共に風呂へ入っている間、庭先で早苗と由紀は話していた。

「…え? ご隠居さまたちと寝るの?」

 由紀は驚きを見せた。

「…仕方ないだろ? 旅は仕事で、俺は男ということになっている。」

「…でも、祝言前よ。大丈夫なの?」

 尚も不安がる由紀に早苗は疑問を感じた。

「…なんでそんなに怯えたような顔するんだ?」

「だって、男の人と寝るのよ」

「水戸出てからずっとそうだぞ」

 早苗がそんなことは当たり前と言った口調で言うと、由紀は手を口に当てて再び驚いた。

「うそ…」

 そこへお銀がやって来た。

「二人とも、あまり長話は駄目よ」

 彼女に由紀は駆け寄り、親友を助けようと試みた。

「お銀さん。早苗はどうしても男部屋で寝ないとダメなんですか? どうにかならないんですか?」

「そうねぇ…。でも、由紀さんだって『格さん』と寝たい?」

「それは…。ちょっと…」

 由紀も結婚前。
決まった相手が居る彼女も、男と寝所を共にすることは避けたかった。

「大丈夫よ。何かあったら、男どもは針山にするから」

 お銀はにこっと笑顔で恐ろしい事を口にした。
背筋に冷たい物が走った由紀だったが、少し安堵した。

「早苗さん、男どもと一緒でも大丈夫よね?」

「あぁ。…もう、寝ている間に戻ったりはしないと思うし」

 早苗は一度、寝ている間に元の姿に戻ってしまっていた事があった。
助三郎は熟睡していた上に、光圀を挟んで川の字で布団が敷いてあった。
 それ故、正体の発覚は免れた。

「…大変ね。寝ている時も仕事だなんて。ずっと男でいろだなんて」

 由紀は親友を憐れんだ。
しかし、本人は悲観などしてはいなかった。

「いいんだ。それで、助三郎の傍に居られるなら…」

 女の早苗もどう思われているかわからない。
格之進の姿で居ればなおさら。
 しかし、早苗は助三郎が好きだった。
彼の傍に居られるだけで幸せだった。
 

「みんなお揃いでなにしてんだ?」

 何も知らない呑気な助三郎は、浴衣姿で三人の前に現れた。
その姿を由紀は少しムッとした表情で見た。

「なんでもないですよ。さて、由紀さんお風呂行きましょ」

「そうね。行きましょ」



 早苗と助三郎だけがその場に残された。

「一番後でもいいのか?」

「…へ? あ、あぁ。やる事あるしな」

 助三郎は面白そうに聞いた。

「日誌か?」

「まぁな…」

「書き物、好きなんだな…」

 羨ましそうに言う彼に、早苗は質問した。

「助さんは、嫌いなのか?」

 助三郎は少しバツが悪そうに答えた。

「あんまり…」

 そこで会話が途切れた。
二人の間に静かな時が流れた。
 しかし、助三郎のくしゃみで破られた。

「おっと。湯冷めするから、部屋に戻るな」

 彼の姿が消えると、早苗は溜息をついた。

「はぁ…」

 好きな男とは言え、正体の露見が怖いため緊張を強いられる。
早く男の姿に慣れ、余裕を持てる事を早苗は願った。




【改ページ】
 翌日、一行は近くにあった神社に出かけた。
その帰路、通りでは子どもたちがはしゃいでいた。

「子どもは良いですね」

 助三郎は眼を細めた。
彼は子どもが好きだった。

「元気なのが何よりじゃ」

 光圀も、ほほ笑んでその光景を眺めていた。
しかし何かあったようで突然慌ただしい雰囲気に。

「先生!」

「大変だよ先生!」

「たっちゃんが足怪我した!」

 彼等は口々に騒いでいた。

 すると、若い女性が心配そうに子どもに駆け寄ってきたた。

「まぁ、大変!手当てしないと…」


「大丈夫ですか?お手伝い致しましょう。」

 いつのまにか助三郎は一行を離れ、その女性の隣にいた。
素早い動きに早苗は少し驚いた。
作品名:雪割草 作家名:喜世